アーティスト Artists

 CDとLPレコードの主な演奏者です。おおむねCDとLPの解説に沿った紹介で、肖像写真はペーテルの許可を得て商品のジャケット等から転載。生誕年順。一部未完成ですが公開します。

アラダール・ラーツ(Rácz Aladár, 1886.2.28 - 1958.3.28)

 

 ハンガリーを代表するツィンバロン奏者。3歳でツィンバロンを始め、6歳の時に地元のジプシー楽団で演奏し始めた。高校を卒業後、その楽団に正式入団。ブダペストだけでなく、パリ、カイロ、ジュネーブなどヨーロッパ各地で演奏活動を行った。サン=サーンスから「ツィンバロン界のフランツ・リスト」と呼ばれた。


CD『アラダール・ラーツのツィンバロン』は夫人との共演
CD『アラダール・ラーツのツィンバロン』は夫人との共演

 1910〜1935年にフランスやスイスに居住。1915年にストラヴィンスキーと知り合い、ストラヴィンスキーはラーツに曲を提供した(商品のCDとLPに収録)。

【リンク】

 Rácz Aladár (Magyar Wikipedia)

イロナ・カボシュ(Ilona Kabos, 1893-1973)

 

 ハンガリー生まれのピアニスト。リスト・フランツ音楽院に学び、1915年にリスト賞を受賞。1930年から36年、王立ブダペスト音楽院で教鞭を執る。1942年、ロンドンでピアニストのルイス・ケントナーと共にバルトークの《2台のピアノと打楽器のための協奏曲》の世界初演を行った(アドリアン・ボールト指揮、ロンドン・フィル)。1951年に米国デビュー。結婚後はロンドンを中心に演奏活動を行った。

【リンク】

 Ilona Kabos (Wikipedia)

ティボル・シェルリ(Tibor Serly, 1901-1978)

 

 ハンガリー生まれの米国の作曲家・指揮者。1905年、3歳の時に両親と共にニューヨークに移民。1921年から25年までブダペスト王立音楽院で作曲と指揮を学び、優秀な成績で卒業。この間にバルトークと親交を深めた。バルトークの《ピアノ協奏曲第3番》の最後の17小節のスコアを完成、《ヴィオラ協奏曲》の自筆草稿から曲を復元した。


 シェルリ(Serly)の発音についてはハンガリー語の原則で「ly = i」と理解した「シェルイ」もありますが、2009年にペーテル・バルトーク氏は「シェルリ」が正しいと明言しました。
【リンク】
 Tibor Serly (Wikipedia)

 

フランコ・アウトリ(Franco Autori、1903-1990)

 

 イタリア出身で、後に米国で活躍した指揮者。

ウィリアム・プリムローズ(William Primrose, 1904-1982)

 

 スコットランドのグラスゴー生まれで、米国で活躍したヴィオラ奏者。

 

【リンク】

 ウィリアム・プリムローズ(Wikipedia)

エンドレ・コレー(Endre Koreh, 1906-1960)

 

 ハンガリー生まれ。

ジュディス・ヘルヴィヒ(Judith Hellwig, 1918-1980)

 

 ハンガリー生まれ。

ワルター・ジュスキント(Walter Susskind, 1918-1980)

 

 プラハ生まれ。

【リンク】

 Walter Susskind (Wikipedia)

フランセス・マグネス(Frances Magnes, 1919-2010)

 

 アメリカ生まれのヴァイオリニスト。フランス留学から帰国後、恩師アドルフ・ブッシュ率いる弦楽オーケストラでソリストとして活躍。1946年にカーネギーホールでリサイタルを開いて以来、アメリカ、カナダ、南アメリカ、イスラエル等でリサイタルやオーケストラとの共演を成功させた。その後、ニューヨーク州スカースデールのホフ・ベテルソン音楽学校で長く教鞭を執り、弦楽オーケストラを指揮した。

【リンク】

 Frances Magnes (Historic Saranac Lake)
 Adolf Busch & Frances Magnes "Concerto  for 2 Violins, Part1" by J.S. Bach  (Youtube)

レオニド・ハンブロ(Leonid Hambro, 1920-2006)

 

 米国のピアニスト。シカゴに生まれ、ジュリアード音楽学校に学ぶ。1946年のリサイタルで《戸外にて》の〈夜の音楽〉〈狩り〉を取り上げて以来、バルトーク作品の演奏者としての評価を得る。1952年、急な代役でニューヨーク・タウンホールの舞台に立ち、作曲者・指揮者のヒンデミットから「奇蹟」と称賛された。ニューヨークフィル所属のピアニストで、リサイタルやレコーディングも積極的に行った。
【リンク】
 Leonid Hambro (Wikipedia)
 Leonid Hambro Pt.1 (Youtube)
 Leonid Hambro Pt.2 (Youtube)

ロバート・マン(Robert Mann, b.1920)

 

 米国のヴァイオリン奏者・作曲家・指揮者。オレゴン州生まれ。1938年にニューヨークに移り、ジュリアード音楽学校に学ぶ。ジュリアード弦楽四重奏団の1946年の結成以来、1997年の引退まで第一奏者。
 作曲家としてルーシー・ローワン夫人の語りが入る室内楽曲を30曲ほど書いた。《おはなし》もその1つ。

【リンク】

 Robert Mann (Wikipedia)
 Robert Mann (Manhattan School of Music)

スタンリー・ドラッカー(Stanley Drucker, b.1929)

 

 米国のクラリネット奏者。ニューヨーク生まれ。15歳でカーティス音楽院に入学、1年後に16歳でインディアナポリス交響楽団でデビュー。1948年に最年少の19歳でニューヨークフィルに入団、1960年に首席奏者になる。2009年に退団するまで「62年7ヶ月と1日」の同団在籍はギネス記録。

【リンク】
 Stanley Drucker (Wikipedia)

 Leaving a legend (Youtube)

ニューミュージック弦楽四重奏団

 ヴァイオリン:Broadus Erle
 ヴァイオリン:Matthew Raimondi
 ヴィオラ:Walter Trampler
 チェロ:Claus Adam

ニュー交響楽団(ロンドン・ニュー交響楽団)

 

 1950年頃にデッカ社がロンドン近郊の奏者で結成したオーケストラ。

 

ニュース

2018年7月23日、ご無沙汰しておりました。今年は特に多忙になり、目に見える活動ができずにいます。6月10日にちくま学芸文庫『バルトーク音楽論選』(伊藤信宏・太田峰夫訳)が出版されました。ハーヴァード大学での講義の日本語訳が初めて収録されました。

 

2017年6月16日、事後になり申し訳ありません。本日、NHK Eテレの『らららクラシック』バルトークの管弦楽のための協奏曲が放映されました。陰で少しお手伝いしました。ニュガトに「中国の不思議な役人」原作が掲載されて100年になりました。

 

11月5日、品切れになっていたLPレコードの303, 313, 905が再入荷しました。

 

9月30日、帰国しています。ペーテルは車椅子等の補助が必要ですが、数m程度なら自分で歩くことができ、安心しました。いずれ当ウェブサイトで報告したいと思いますが、現在は多忙で時間がかかりそうです。

 

9月21〜29日、ペーテル・バルトーク氏のお見舞い他のために渡米します。

 

8月27日、LPレコードの303, 313, 905が在庫切れ・再注文中です。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

7月28日、次の日曜日はペーテル92歳のお誕生日です。昨年に引き続き、一緒に誕生日を祝うことはできませんが、9月にお見舞いに行けそうな状況です。昨年の転倒により車椅子生活ながら、お元気と聞いています。

 

7月9日、下記でご連絡したCDが再入荷しました。

 

4月27日、3種類のCDが在庫切れで入荷待ちになっています。予約注文は承りますが、別便で遅れて発送になる場合があります。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。1009(ベートーヴェンの弦楽四重奏曲)、1908(ティボル・シェルリ)、1914(ハンガリー民謡集)。

 

2016年2月10日、昨年末で欧州におけるバルトークの著作権が切れ、新たな出版等もあるようです。そのなかで粗悪品の売りつけや不誠実な対応(結果的に詐欺まがいな行為)を耳にしており、事前に確認して納得して利用されるようお勧めします。具体的にはここ

 

7月21日、ペーテルの後継者で編集者のピーター・ヘニングス氏の手術が終了終了しました(これで2度め)。バルトーク・レコーズの中心人物の怪我と病気でさらに前途多難です。お二人のお見舞い用に千羽鶴を家族で折り始めていますが、どなたか可能な方、手を貸してください。ご希望の枚数の折紙を当方からお送りし、鶴を折って返送していただく形です。メッセージカードを加えるなどの工夫も歓迎いたします。

 

6月12日、ペーテル91歳のお誕生日祝いとお見舞いは、主に資金不足からほぼ断念。ただ、航空運賃が安い9月にお見舞いに行く可能性を残しています。カンパは最初の1件だけです。CD《物語》の訳を《おはなし》に変更しました。新たに「お客様の声」を作りました。ショップ→お客様の声

 

4月18日、ペーテルのリハビリの効果が芳しくなく、車椅子が必要となりました。そのため自宅やバルトーク・レコーズでスロープ設置工事が始まります。

 

4月10日、今月からメール便が廃止されています。代替手段を検討中で、クリックポストにも対応するつもりです。古い表記は順次切り替えていきます。

 

3月18日、まもなく2ヶ月になりますが、ペーテルは当初の予定を越え、現在も病院でリハビリを続けています。快復を祈るばかりです。

 

1月28日、クリスタルリヴァー市のセブン・リヴァーズ・コミュニティ病院に入院中のペーテルは食欲があり、ベッドから起きることもできています。バルトーク・レコーズの職員が自家製のスープを毎日届けています。歩行訓練も含め、あと2週間ほど入院が必要とのことです。

 

1月23日、下記のように書いたところ、さっそく第1号のカンパを頂戴いたしました。もう感謝でいっぱいです(涙)まとまった数になったらご報告することを考えています。

 

2015年1月20日、ペーテル・バルトーク氏が自宅で転倒し、腰の骨を折り入院しました。20日(現地時間)に手術が行われます。高齢のため、手術もリハビリも困難な道のりが予想されます。
 お見舞いの渡米も現実味を帯びてきました。当ショップの昨年1年間の総売上は10万円ほどで、余裕はありません。商品の積極的なご購入、あるいはカンパ(ご寄付)の形でご協力いただけたら幸いです。カンパの送金先は「ホーム」に紹介する専用口座で、あわせてメールで名乗っていただけますようお願い申し上げます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.