こんなところにバルトーク(書籍)

 ネットでバルトークの本を探しても、書名に「バルトーク」が入らない本はなかなか見つからないかもしれません。ここでは私の本棚からそうした文献を紹介します。熱心に集めたわけではないので、全体のごく一部でしょう。

 もし一般書店や古書店で手に入らなければ、公立・大学図書館の利用をお勧めします。その図書館に所蔵していなくても、所蔵する図書館から書籍自体を借りたり部分的にコピーを取り寄せるサービスがあります。下のデータをメモして、身近な図書館で相談してみましょう。
 発行年代順。種々雑多な内容ですが、あえて分類等は控えます。

太田黒元雄『西洋音楽物語』1932、第一書房

 

「192 バルトック」pp.314-315.

 

(内容)人と音楽を簡単に紹介。バルトークと同時代。

湯淺永年『西洋作曲家批判』1942、樂音興新社

 

「バルトックの民族音楽」pp.349-361.

「バルトックの自作自演を聴く」pp.362-367.

 

(内容)同時代の批評。前者は、バルトークを日本に招き、日本や中国の音楽を研究してほしいと好意的。後者は1928年2月にニューヨークで聴いた、バルトークの自作自演の追想。「眼ばかり丸く極めて小柄で優しく見えたが、実際はこの小さい方の人が巨人であり、恐ろしい威力を発揮した」と結ぶ。

太田黒元雄『作曲家大観』1950、音樂之友社

 

「バルトオク(ベラ)」pp.368-371.

 

(内容)生誕から死去までを年次ごとに箇条書きで紹介。

塚谷晃弘『現代の音』1952、宝文館

 

「ベラ・バルトークの素描」p.106-112.

 

(内容)生涯と作品の概要。

 

カール・ヴェルナー(Karl H. Wörner)/入野義郎訳『現代の音楽』1955、音楽之友社

 

「バルトーク」pp.175-181.

アンドレ・オデール(Andre Hodeir)/吉田秀和訳『現代音楽』1956年、文庫クセジュ(白水社)

 

「第5章 ベラ・バルトーク」pp.77-89.

 

(内容)バルトークの経歴・人間、交響的音楽と室内楽、バルトークの芸術の特徴

乾 孝(責任編集)『新しい世界の伝記8 世界の文化をすすめた人々』1965年、学研

 

鈴木三枝子(文)・谷 俊彦(絵)「バルトーク」pp.109-154.

 

(内容)日本での成功、ブダペスト音楽院へ、音楽家いがいになりたくない! 母国語を、だいじにしよう、はじめてのオーケストラ曲、コンクール落選、20世紀の新しい音楽、戦争をさけて音楽を、人びとをゆたかにする愛国心、ナチスの疫病、アメリカ亡命

戸田邦雄『音楽と民族性』1967、音楽之友社

 

「バルトークならびに「二十世紀民族主義」とその影響」pp.211-217.

 

五味康祐『西方の音』1969年、新潮社

 

「バルトーク」pp.43-52.

 

(内容)エッセイ。弦楽四重奏やピアノ曲に言及。

野呂信次郎『名曲物語』1969、現代教養文庫(社会思想社)

 

「バルトーク ピアノ協奏曲 第三番」pp.321-323.

小倉朗『現代音楽を語る』1970、岩波新書

 

「V. バルトーク」pp.167-212.

林光『林光音楽の本』1971、晶文社

 

「バルトーク—子どものための伝記」pp.62-84.

 

(内容)平易な語り口によるバルトークの小伝記。

吉田秀和『一枚のレコード』1972、中央公論社

 

「《This is my work》」pp.14-23.

 

(内容)1953〜54年に、著者が若きペーテル(ピーター)・バルトークと会った時のエピソード。バルトーク・レコーズのLPレコードの感想等。

吉田秀和『主題と変奏』1977、中公文庫

 

「VI ベーラ・バルトーク」pp.102-114.(初出『芸術新潮』1952)

柴田南雄『名演奏のディスコロジー 曲がりかどの音楽家』1978、音楽之友社

 

「ブーレーズのバルトーク/三つの舞台作品」pp.31-40.

 

(内容)3つの舞台作品についての詳細な解説。ペーテルの録音についても言及。

塚本邦雄『断言微笑 クロスオーバー評論集』1978、読売選書(読売新聞社)

「支那とスフィンクス 寺山修司『中国の不思議な役人』に寄せて」pp.57-62.(初出『劇場』16号)

 

(内容)寺山修司の翻案に関する評論。バルトーク、レンジェル、バラージュ、青ひげ公の城等にも言及。

岡俊雄『マイクログルーブからデジタルへ(上)』1981年、ラジオ技術社

 

「第15章 バルトーク協会とピリオド〜活躍したマイナー・レーベル(2)」

諸井誠『音楽の創造と再生 レコード音楽文化論』1985、音楽之友社

 

「愛と死の変容 バーンスタインの〈トリスタン〉とアッバードの〈中国の不思議な役人〉」pp.146〜155.

「象徴主義のオペラ、二つの〈青髭〉 デュカとバルトーク」pp.156〜168.

「二十世紀のヴァイオリン協奏曲」pp.169〜182.

諸井誠『音楽の現代史 —世紀末から戦後へ—』1986、岩波新書

「II バレエ音楽に前衛性を探る —ストラヴィンスキーとバルトーク—」pp.43-72.

浦岸英雄『わたしの変奏曲』1994、高槻自治センター

 

「神なきバッハ バルトークの生涯と音楽」pp.65〜130.

市村弘正『小さなものの諸形態 精神史覚え書』1994、筑摩書房

 

「文化崩壊の経験—晩年のバルトークについての脚註」pp.37〜68.(初出『省察』1989年3月)

五島雄一郎『死因を辿る —大作曲家たちの精神病理のカルテ』1995、講談社+α文庫

 

「厚い壁で守った"自我" —バルトーク」pp.297-303.

今井信子『憧れ—ヴィオラとともに』2007年、春秋社

 

「バルトークのヴィオラ協奏曲」「バルトークの息子に会いに行く」pp.188-194.

 

(内容)《ヴィオラ協奏曲》の新旧版をめぐる問題を解決するため、2003年にペーテル宅を訪問した報告。

 

エピソード

 書籍『父・バルトーク』の「訳者あとがき」で、ペーテルが私(村上)を彼の自宅を訪問した「最初の日本人」と語ったと書きましたが、この本から今井さんが3年早く訪れていたことを知りました。ペーテルは彼女が日本人なのを忘れていたのかもしれません(笑)

平井直哉『クラシック名曲初演&初録音事典』2008、大和書房

 

「バルトーク、ベーラ」pp.153-166.

 

(内容)バルトークは18曲記載。このうち《舞踊組曲》《かかし王子(全曲)》《中国の不思議な役人(組曲)》《ヴィオラ協奏曲》《弦楽四重奏曲第3番》《青ひげ公の城》がバルトーク・レコーズにより世界初録音。《管弦楽のための協奏曲》初演時のクーセヴィツキーとバルトークとの逸話が詳細で興味深い。

ヤーノシュ・シュタルケル/石戸谷滋訳/堤剛監修『ヤーノシュ・シュタルケル自伝』2008、愛育社

 

「6. アメリカ合衆国:ダラスとニューヨーク」pp.127-158.

 

(内容)回想記の中にペーテルとのレコーディング時の様子が報告されている。

【もっとお探しの方へ】

 国立国会図書館サーチで本を検索してみます。楽譜や録音資料、博士論文も含めて出てきます。

ニュース

2018年
10月21日〜11月2日、調査研究のために渡米します。その間、対応が遅くなる可能性があり、品物の発送には対応できません。ご理解をお願いいたします。


7月23日、ご無沙汰しておりました。今年は特に多忙になり、目に見える活動ができずにいます。6月10日にちくま学芸文庫『バルトーク音楽論選』(伊藤信宏・太田峰夫訳)が出版されました。ハーヴァード大学での講義の日本語訳が初めて収録されました。

 

2017年6月16日、事後になり申し訳ありません。本日、NHK Eテレの『らららクラシック』バルトークの管弦楽のための協奏曲が放映されました。陰で少しお手伝いしました。ニュガトに「中国の不思議な役人」原作が掲載されて100年になりました。

 

11月5日、品切れになっていたLPレコードの303, 313, 905が再入荷しました。

 

9月30日、帰国しています。ペーテルは車椅子等の補助が必要ですが、数m程度なら自分で歩くことができ、安心しました。いずれ当ウェブサイトで報告したいと思いますが、現在は多忙で時間がかかりそうです。

 

9月21〜29日、ペーテル・バルトーク氏のお見舞い他のために渡米します。

 

8月27日、LPレコードの303, 313, 905が在庫切れ・再注文中です。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

7月28日、次の日曜日はペーテル92歳のお誕生日です。昨年に引き続き、一緒に誕生日を祝うことはできませんが、9月にお見舞いに行けそうな状況です。昨年の転倒により車椅子生活ながら、お元気と聞いています。

 

7月9日、下記でご連絡したCDが再入荷しました。

 

4月27日、3種類のCDが在庫切れで入荷待ちになっています。予約注文は承りますが、別便で遅れて発送になる場合があります。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。1009(ベートーヴェンの弦楽四重奏曲)、1908(ティボル・シェルリ)、1914(ハンガリー民謡集)。

 

2016年2月10日、昨年末で欧州におけるバルトークの著作権が切れ、新たな出版等もあるようです。そのなかで粗悪品の売りつけや不誠実な対応(結果的に詐欺まがいな行為)を耳にしており、事前に確認して納得して利用されるようお勧めします。具体的にはここ

 

7月21日、ペーテルの後継者で編集者のピーター・ヘニングス氏の手術が終了終了しました(これで2度め)。バルトーク・レコーズの中心人物の怪我と病気でさらに前途多難です。お二人のお見舞い用に千羽鶴を家族で折り始めていますが、どなたか可能な方、手を貸してください。ご希望の枚数の折紙を当方からお送りし、鶴を折って返送していただく形です。メッセージカードを加えるなどの工夫も歓迎いたします。

 

6月12日、ペーテル91歳のお誕生日祝いとお見舞いは、主に資金不足からほぼ断念。ただ、航空運賃が安い9月にお見舞いに行く可能性を残しています。カンパは最初の1件だけです。CD《物語》の訳を《おはなし》に変更しました。新たに「お客様の声」を作りました。ショップ→お客様の声

 

4月18日、ペーテルのリハビリの効果が芳しくなく、車椅子が必要となりました。そのため自宅やバルトーク・レコーズでスロープ設置工事が始まります。

 

4月10日、今月からメール便が廃止されています。代替手段を検討中で、クリックポストにも対応するつもりです。古い表記は順次切り替えていきます。

 

3月18日、まもなく2ヶ月になりますが、ペーテルは当初の予定を越え、現在も病院でリハビリを続けています。快復を祈るばかりです。

 

1月28日、クリスタルリヴァー市のセブン・リヴァーズ・コミュニティ病院に入院中のペーテルは食欲があり、ベッドから起きることもできています。バルトーク・レコーズの職員が自家製のスープを毎日届けています。歩行訓練も含め、あと2週間ほど入院が必要とのことです。

 

1月23日、下記のように書いたところ、さっそく第1号のカンパを頂戴いたしました。もう感謝でいっぱいです(涙)まとまった数になったらご報告することを考えています。

 

2015年1月20日、ペーテル・バルトーク氏が自宅で転倒し、腰の骨を折り入院しました。20日(現地時間)に手術が行われます。高齢のため、手術もリハビリも困難な道のりが予想されます。
 お見舞いの渡米も現実味を帯びてきました。当ショップの昨年1年間の総売上は10万円ほどで、余裕はありません。商品の積極的なご購入、あるいはカンパ(ご寄付)の形でご協力いただけたら幸いです。カンパの送金先は「ホーム」に紹介する専用口座で、あわせてメールで名乗っていただけますようお願い申し上げます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.