《中国の不思議な役人》の歴史

 《中国の不思議な役人》の作曲、上演、受容、出版、研究等に関わる歴史です。作品への理解を求めて格闘するバルトークの姿が垣間見えます。亡命のきっかけとなる母親の死やナチスの進行よりも以前から、周囲との葛藤があったかもしれません。

1912年(大正元年)バルトーク31歳

 ディアギレフ率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)がブダペスト公演。この時にディアギレフが『中国の不思議な役人』をレンジェルに依頼したという説があるが、根拠はない。

1913年(大正2年)バルトーク32歳

 5月29日、ストラヴィンスキー《春の祭典世界初演。

1914年(大正3年)バルトーク33歳

 7月28日、第一次世界大戦勃発、ハンガリーはドイツ・オーストリア側に参戦

1916年(大正5年)バルトーク35歳

 レンジェル、原作となる「中国の不思議な役人—グロテスクなパントマイム」を執筆

『ニュガト』1917年1号の表紙
『ニュガト』1917年1号の表紙

1917年(大正6年)バルトーク36歳 100年前!

 1月1日、文芸誌『ニュガト(西方)』1917年1号がレンジェルの「中国の不思議な役人—グロテスクなパントマイム」を掲載

 1月17日、日刊紙『エシュティ・ウーイシャーグ』が バレエ・リュスとレンジェルのパントマイムとの関係を主張、舞台化を予言

 2月、雑誌『マ(今日)』がバルトークを特集

 3月、ロシア三月革命

 5月12日、 バレエ《かかし王子》世界初演(タンゴ指揮、ブダペスト歌劇場)、バルトーク出席

1918年(大正7年)バルトーク37歳
 1月、バルトーク、ウニヴェルザール(ユニヴァーサル)社と全作品の出版契約

 3月28日、恩師のトマーンからバルトークへ『中国の不思議な役人』の作曲を勧めるはがき、レンジェルを交えた食事を提案(実現せず)

 5月24日、歌劇『青ひげ公の城』世界初演(タンゴ指揮、ブダペスト歌劇場)、バルトーク出席、レンジェルが参会し感銘を受ける

 6月21日、バルトークとレンジェル、《中国の不思議な役人》の作曲について契約を交わす

 7月、前半妹宅でくつろぎ、 後半最後のルーマニアの民謡調査旅行

 8月、美術鑑定家で友人のケーナー男爵邸でくつろぐ

 9月5日、夫人への書簡で作曲のアイディアを報告

 9月14日、友人のブシティアへの書簡で作曲開始を報告

 10月25日、ハンガリー国民会議の成立

 11月13日、国民会議がハンガリー共和国の独立を宣言

1919年(大正8年)バルトーク38歳
 この歳、『春の祭典』4手ピアノ版を夫人やドホナーニと連弾して研究する
 3月21日、ハンガリー=ソヴェト共和国の成立宣言

 5月14日、バルトーク夫人の書簡に《中国の不思議な役人》の完成(スケッチ、4段譜)の記載(これを「作曲年」とする見方が多いが、現在知られている曲とは異なる箇所が多い)

 6月9日、バルトーク夫人、バルトークの母親に書簡でオーケストレーション開始の報告(実際には1ページも書いていない)

 7月5日、レンジェル、バルトークが《中国の不思議な役人》をピアノで聞かせたと日記に記す
 11月19日、ルーマニア軍、ブダペストを撤退

1920年(大正9年)バルトーク39歳
 1月10日、バルトーク、レンジェルへの書簡で窮状とオーケストレーションの開始の遅れを報告「1ページも書いていない」

 2~3月、バルトーク、ベルリンを訪問
 6月4日、トリアノン条約が発効、ハンガリーは旧領土の72%、人口の64%を失う

1921年(大正10年)バルトーク40歳

 3月、音楽雑誌『ムジークブレーター・デス・アンブルーフ』、バルトーク40歳を祝って特集

1922年(大正11年)バルトーク41歳

 3~4月、ロンドンやパリを訪問、ストラヴィンスキーやラヴェルと会う

 5月13日、フランクフルトで《青ひげ公の城》《かかし王子》外国初演(センカール指揮)、バルトーク出席 

1923年(大正12年)バルトーク42歳

 この年マールタと離婚、

 5月、ロンドンを訪問

 8月23日、ディッタと再婚

 10月1日、ブダペスト歌劇場支配人のウラシッチュ男爵、書簡で《中国の不思議な役人》の世界初演に意欲

 11月19日、《舞踊組曲世界初演

1924年(大正13年)バルトーク43歳

 5月か6月、オーケストレーションの開始

 6月5日、バルトーク、ブダペスト歌劇場への書簡でオーケストレーションの開始を報告、前半は7月中旬、後半は 9月中旬に完成予定(その後遅れる)

 7月31日、次男ペーテル誕生

 夏から秋、オーケストレーションに専念 

 11月か12月、フルスコア完成、4手ピアノ版も完成 

 12月、雑誌『新ペストジャーナル』クリスマス号で《中国の不思議な役人》のフルスコア完成が報告

1925年(大正14年)バルトーク44歳

 2月、新聞『マ・エシュテ』でオーケストレーションの完成が報告

 ウニヴェルザール社、4手ピアノ版の楽譜を出版 

 1927年のブダペスト初演に向けて写譜屋が楽譜を準備

 2手ピアノ版完成 

1926年(大正15/昭和元年)バルトーク45歳

 2月1日、バルトーク、ブダペスト歌劇場の経営陣と交渉決裂

 4月8日、《中国の不思議な役人》4手ピアノ版(部分)放送初演(バルトークとコーシャ、ラジオ・プラハ) 

 9月6日、演奏会用に短縮した版を構想([36]~[37]の終わりまでと[45] の6小節前から[75]の2小節後までと特別なエンディング、実現せず)。

 11月27日、パントマイム《中国の不思議な役人》世界初演(センカール指揮、シュトローバッハ振付、ケルン国立劇場)、2日め以降中止、センカールは市議会から譴責

 12月、音楽雑誌『ムジークブレーター・デス・アンブルーフ』でウンゲルが初演スキャンダルを報告

 12月3日、バルトーク、ウニヴェルザール社への書簡で71~76カット等の変更点を指示 

 12月14日、『ペスティ・ナプロー』、ハンガリー文化省がブダペスト歌劇場での上演の可否を決定すると報道

1927年(昭和2年)バルトーク46歳

 2月、ブダペストでの《中国の不思議な役人》上演計画が中止 

 2月3日、現在の演奏会版(組曲版)完成。ウニヴェルザール社への書簡で「これまで書いた最高の管弦楽作品」としながら、全曲版上演の可能性が低いことを嘆く

 2月19日、パントマイム《中国の不思議な役人》再演(プラハ)バルトークは欠席、まもなく上演禁止 

 年末、《中国の不思議な役人》組曲のフルスコアがウニヴェルザール社より出版

 12月、アメリカへ初の演奏旅行(~3月)

1928年(昭和3年)バルトーク47歳

 9月13日、《弦楽四重奏曲第三番》最終稿完成

 10月14~15日、《中国の不思議な役人》組曲初演(ドホナーニ指揮、フィルハーモニー協会管弦楽団)

 10月16日、 『アズ・エシュト』、ブダペストでの再度の上演計画と主役名を報じるが根拠に欠ける

 10月16日、バルトーク、ウニヴェルザール社にスコアに説明をつけるよう依頼

1929年(昭和4年)バルトーク48歳

 4月16日、ブダペスト歌劇場のラドナイ監督、『アズ・エシュト』のインタビューに答えて《中国の不思議な役人》上演計画を語る

 10月24日、世界経済恐慌始まる

1930年(昭和5年)バルトーク49歳

 10月9日、『アズ・エシュト』翌年3月バルトーク50歳の誕生日にブダペストで再上演の計画(ファイロニ指揮、マールクシュ振付)を予告、この公演の筋書きの変更に対応するため合計42小節をカット

1931年(昭和6年)バルトーク50歳

 2~3月、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章を、ハンガリーのホルティ摂政からコルヴィナ花冠を受賞

 3月16日、マールクシュ監督が『アズ・エシュト』の記者に物語の変更を説明

 3月17日、『アズ・エシュト』、ブダペスト公演の予定を掲載 

 3月23日、ハンガリー王立歌劇場「少女役サライの病気で4月に延期」を公式発表

 3月24日、『アズ・エシュト』、歌劇場の延期発表に懐疑 

 3月25日、この日に計画されていたブダペスト公演は延期~中止

1934年(昭和9年)バルトーク53歳
 3月17日、イタリア・オーストリア・ハンガリー三国政治経済協定

1936年(昭和11年)バルトーク55歳

 1月29日、バルトーク、新しいエンディングを用意、スコアとパート譜に反映するよう出版社に申し入れる

1937年(昭和12年)バルトーク56歳
 バルトーク、ブダペストのミロス・バレエ・スタジオでバレエによる練習を視察

1939年(昭和14年)バルトーク58歳

 9月1日、第二次世界大戦勃発

 夏、スイスのザーネンでパウル・ザッハーの別荘に滞在、《弦楽のためのディヴェルティメント》を完成、《弦楽四重奏曲第六番》にも取り組む。
 12月、バルトークの母親死去、バルトークの亡命の意志を決定づける

1940年(昭和15年)バルトーク59歳

 4月~5月18日、バルトーク、アメリカへの2度めの演奏旅行(亡命の下調べ)

 10月、バルトーク、アメリカに亡命

 これ以降のバルトーク本人の動向は、バルトークのアメリカ生活に移ります。

1941年(昭和16年)バルトーク57歳

 2月6日、バルトークの生誕60年記念のブダペスト初演される予定が、「少女役サライの病気で延期」で公演中止。

 3月、デヴェセリ、文芸誌『ニュガト』1941年3号にエッセイ「《中国の不思議な役人》の不思議なインフルエンザ 」(ハンガリー語)を掲載。

 4月、サボルチ、文芸誌『ニュガト』1941年4号にエッセイ「バルトーク60歳」(ハンガリー語)を掲載

1942年(昭和17年)バルトーク58歳
 10月12日、ミラノ・スカラ座で公演(フェレンチク指揮、ミロス振付、プランポリーニ舞台装置)

1944年(昭和19年)バルトーク63歳
 3月19日、ドイツ軍、ハンガリーを無血占領。

1945年(昭和20年)バルトーク64歳

 9月26日、バルトーク死去(ニューヨーク)

 12月9日、ブダペスト初演(ブダペスト歌劇場、フェレンチク指揮、ハランゴゾー振付)、修正されたものながら、すぐに演目から追放

 スカラ座、ローマ公演(ミロス振付) 

1949年(昭和24年)

 12月9日、ブダペスト歌劇場で再演。

 アメリカでペーテルがバルトーク・レコーズを設立。

1950年(昭和25年)
 2月5日、共産党機関誌『サバド・ネープ』、バルトークの舞台作品を批判

1951年(昭和26年)
 9月6日~、アメリカ合衆国初演(バレエ:ニューヨーク・シティ・バレエ団、振付:ボレンダー)、ヨーロッパ以外では初の公演となった
 シェルリ指揮、ニュー交響楽団が初の録音(ロンドン)、バルトーク・レコーズからLPレコードが発売(絶版。CDのみ)。

1954年(昭和29年)

 1月8日~9日、ドラティ指揮シカゴ交響楽団が録音(シカゴ)

 この歳、スカラ座、フィレンツェ初公演(振付:ミロス)

1955年(昭和30年)バルトーク没後10年

 4月、サボルチ、『シラグ』誌に論文「中国の不思議な役人」(ハンガリー語)を発表

 ウニヴェルザール社、全曲のフルスコアを出版(1928年の演奏会版の版下に後半を加えたもの。1931年のブダペスト公演用に基づいたために30小節不足)

 同社、ミニチュアのスタディスコア、4手ピアノ版の第3版を出版

1956年(昭和31年)

 6月1日、ブダペスト歌劇場で再演(指揮:ケネッセイ、振付:ハランゴゾー)完全な形での初の上演

 サドラーズ=ウェルズ・バレエ団公演(振付:ロドリゲス)
 10月23日、ハンガリー動乱、ナジ政権が誕生するがソ連の介入で2週間後に鎮圧

1957年(昭和32年)

 ウィーン国立バレエ団公演(振付:ハンカ)

 スカラ座、リオデジャネイロ公演(振付:ミロス) 

1958年(昭和33年)

 ジャニーヌ・シャラ・バレエ団公演(振付:ヴァシェジ)

1960年(昭和35年)

 バイエルン国立歌劇場バレエ団公演(振付:カーター)

 3月1日、ゼルキン指揮ニューヨークフィル組曲公演(ニューヨーク、ライヴ録音)

1961年(昭和36年)

 レントヴァイ、『スタディア・ムジコロジカ』誌に論文「"中国の不思議な役人" 作曲の秘密」を発表(ドイツ語)。独自の理論を展開。

 ボリショイ・バレエ団、『夜の街』のタイトルで上演(振付:ラヴロフスキー) 

 スカラ座、ケルン公演(振付:ミロス) 

1962年(昭和37年)

 ニルシー、『スタディア・ムジコロジカ』誌に論文「"中国の不思議な役人" の変更点」を発表(ドイツ語)。スケッチの楽譜を引用しながら解説。

1964年(昭和39年)

 1月、ヴィントン、『ザ・ミュージック・クオータリー』誌に論文「"中国の不思議な役人" の真相」(英語)を発表。旧エンディング等の楽譜を引用しながら解説。

1995年(平成7年)バルトーク没後50年

 ランペルト、論文「"中国の不思議な役人" メルヒオル・レンジェル、彼のパントマイムとベーラ・バルトークとの関係」(英語)を発表。

2000年(平成12年)

 ユニヴァーサル・エディションが《中国の不思議な役人》改訂版を出版。ミニチュアスコアはフィルハーモニアPH550。
 ダウンズ、『ロイヤル音楽協会ジャーナル』に論文「都市のエロス:バルトークの"中国の不思議な役人"」(英語)を発表。

2001年(平成13年)
 米国バルトーク・レコーズからバルトーク/レンジェル『中国の不思議な役人』発売。

2010年(平成22年)

 9月15日、全音楽譜出版社がミニチュアスコア《中国の不思議な役人》組曲を発売。2000年改訂版に準拠。村上泰裕解説、村上泰裕・渡辺純一校訂。

2011年(平成23年)

 3月、日本楽譜出版社がミニチュアスコア《中国の不思議な役人》(全曲)を発売。2000年改訂版に準拠。青島広志解説。

年齢は誕生日後のもの。3月24日以前の出来事は「-1歳」で読み変えてください。

【参考文献】

 Bartók, Peter 1999 Preface, Der Wunderbare Mandarin (PH 550), 1999, Universal Edition

 Bónis, Ferenc: The Miraculous Mandarin. 2022, Bartok Records

 Percival, John 1991 The Miraculous Mandarin: Performance History. The Stage Works of Bela Bartok, 1991, English National Opera

 矢田俊隆『ハンガリー・チェコスロヴァキア現代史』1978/1994、山川出版社 

ニュース

2018年7月23日、ご無沙汰しておりました。今年は特に多忙になり、目に見える活動ができずにいます。6月10日にちくま学芸文庫『バルトーク音楽論選』(伊藤信宏・太田峰夫訳)が出版されました。ハーヴァード大学での講義の日本語訳が初めて収録されました。

 

2017年6月16日、事後になり申し訳ありません。本日、NHK Eテレの『らららクラシック』バルトークの管弦楽のための協奏曲が放映されました。陰で少しお手伝いしました。ニュガトに「中国の不思議な役人」原作が掲載されて100年になりました。

 

11月5日、品切れになっていたLPレコードの303, 313, 905が再入荷しました。

 

9月30日、帰国しています。ペーテルは車椅子等の補助が必要ですが、数m程度なら自分で歩くことができ、安心しました。いずれ当ウェブサイトで報告したいと思いますが、現在は多忙で時間がかかりそうです。

 

9月21〜29日、ペーテル・バルトーク氏のお見舞い他のために渡米します。

 

8月27日、LPレコードの303, 313, 905が在庫切れ・再注文中です。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

7月28日、次の日曜日はペーテル92歳のお誕生日です。昨年に引き続き、一緒に誕生日を祝うことはできませんが、9月にお見舞いに行けそうな状況です。昨年の転倒により車椅子生活ながら、お元気と聞いています。

 

7月9日、下記でご連絡したCDが再入荷しました。

 

4月27日、3種類のCDが在庫切れで入荷待ちになっています。予約注文は承りますが、別便で遅れて発送になる場合があります。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。1009(ベートーヴェンの弦楽四重奏曲)、1908(ティボル・シェルリ)、1914(ハンガリー民謡集)。

 

2016年2月10日、昨年末で欧州におけるバルトークの著作権が切れ、新たな出版等もあるようです。そのなかで粗悪品の売りつけや不誠実な対応(結果的に詐欺まがいな行為)を耳にしており、事前に確認して納得して利用されるようお勧めします。具体的にはここ

 

7月21日、ペーテルの後継者で編集者のピーター・ヘニングス氏の手術が終了終了しました(これで2度め)。バルトーク・レコーズの中心人物の怪我と病気でさらに前途多難です。お二人のお見舞い用に千羽鶴を家族で折り始めていますが、どなたか可能な方、手を貸してください。ご希望の枚数の折紙を当方からお送りし、鶴を折って返送していただく形です。メッセージカードを加えるなどの工夫も歓迎いたします。

 

6月12日、ペーテル91歳のお誕生日祝いとお見舞いは、主に資金不足からほぼ断念。ただ、航空運賃が安い9月にお見舞いに行く可能性を残しています。カンパは最初の1件だけです。CD《物語》の訳を《おはなし》に変更しました。新たに「お客様の声」を作りました。ショップ→お客様の声

 

4月18日、ペーテルのリハビリの効果が芳しくなく、車椅子が必要となりました。そのため自宅やバルトーク・レコーズでスロープ設置工事が始まります。

 

4月10日、今月からメール便が廃止されています。代替手段を検討中で、クリックポストにも対応するつもりです。古い表記は順次切り替えていきます。

 

3月18日、まもなく2ヶ月になりますが、ペーテルは当初の予定を越え、現在も病院でリハビリを続けています。快復を祈るばかりです。

 

1月28日、クリスタルリヴァー市のセブン・リヴァーズ・コミュニティ病院に入院中のペーテルは食欲があり、ベッドから起きることもできています。バルトーク・レコーズの職員が自家製のスープを毎日届けています。歩行訓練も含め、あと2週間ほど入院が必要とのことです。

 

1月23日、下記のように書いたところ、さっそく第1号のカンパを頂戴いたしました。もう感謝でいっぱいです(涙)まとまった数になったらご報告することを考えています。

 

2015年1月20日、ペーテル・バルトーク氏が自宅で転倒し、腰の骨を折り入院しました。20日(現地時間)に手術が行われます。高齢のため、手術もリハビリも困難な道のりが予想されます。
 お見舞いの渡米も現実味を帯びてきました。当ショップの昨年1年間の総売上は10万円ほどで、余裕はありません。商品の積極的なご購入、あるいはカンパ(ご寄付)の形でご協力いただけたら幸いです。カンパの送金先は「ホーム」に紹介する専用口座で、あわせてメールで名乗っていただけますようお願い申し上げます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.