《中国の不思議な役人》日本での標題

 1950年代前半、曲が日本に紹介された直後から複数の訳語が乱立し、なかなか統一されませんでした。1980年頃から《中国の不思議な役人》がすでにかなり一般的になってきましたが、この訳語に対する評価は今でもさまざまな立場があるようです。 

  書籍、LPやCDの解説、演奏会プログラム等の出版物から収集し、分類しました。年代順。

大官系(推定 1951年=昭和26年〜)

 

不思議な大官

・ 服部龍太郎 1951 『二十四人の現代音楽家』西荻書店, pp.126-127

マンダリン系(推定 1952年=昭和27年〜)

 

素晴らしいマンダリーン

 門馬直衛 1952 『西洋音楽史要』春秋社, p.192(3月発行)

 

不思議なマンダリン

 柴田南雄・入野義郎 1954 『音楽史年表』創元社, pp.372 (黙劇『不思議なマンダリン』と記載)

 菅野浩和 1963 『日本フィルハーモニー交響楽団 第62回定期演奏会プログラム』(日本初演、1963年4月12日)

 谷本一之 1978 レンドヴァイ(谷本訳)『バルトークの作曲技法』, 全音楽譜出版社

 諸井 誠 1985 『現代音楽は怖くない』 講談社, pp.117~

 羽仁協子・大熊進子 1992 セーケイ(羽仁・大熊訳)『バルトーク物語(音楽選書62)』, 音楽之友社

 

ふしぎなマンダリン

 遠山一行 1969 ショアン(遠山訳)『<永遠の作曲家> ストラヴィンスキー』, 白水社, p.281 

 羽仁協子 1970 『ある芸術家の人間像―バルトークの手紙と記録―』, 冨山房, pp.97~

 

不思議なマンダリン(中国の役人)(初出時のみ。以後のページはカッコの記載なし)

 諸井 誠 1986 『音楽の現代史 -世紀末から戦後へ-』, 岩波新書, pp.62-72

 「マンダリン」系は原語に忠実にあろうとする方々から強く支持される、古くて新しい訳語です。

宦官(かんがん)(推定 1952年=昭和27年〜)

 

不思議な宦官

 北沢方邦 1952 「ベーラ・バルトーク」『音楽芸術』1952年5月号(北沢1968『現代作曲家論 七つの肖像』合同出版, p.160 所収) 

 北沢方邦 1955 堀内敬三・野村良雄(編)『音楽辞典 人名篇』音楽之友社, pp.438-443 

 入野義郎 1955 ヴェルナー(入野訳)『現代の音楽』音楽之友社, p.177 

 志田勝次郎・宇山直亮・飯田正紀 1961 スティーヴンス(志田・宇山・飯田訳)『バルトークの音楽と生涯』, 紀伊国屋書店

 岩崎悦子 2000 『中・東欧のことばをはじめましょう ハンガリー語CD入り』 朝日出版社, p.25

 

ふしぎな宦官

 渡辺 護 1962 ヘルツフェルド(渡辺訳)『わたしたちの音楽史』 白水社, p.267

 北沢方邦 1971 「バルトークの生涯」『世界大音楽全集21 ラフマニノフ・バルトーク』(LP)の解説、河出書房新社

 

中国の不思議な宦官

 佐川吉男 1963年以降(演奏データから)「舞踊音楽 "中国の不思議な宦官"」, フェレンチク指揮、ブダペストフィルハーモニー管弦楽団他の演奏のLPの解説、日本グラモフォン

 谷本一之 1970 「近代ハンガリー音楽とバルトーク・コダーイ」『ステレオ世界音楽全集18 バルトーク、コダーイ他』の解説、講談社

 「宦官」系は誤解を含んでいます。原作の設定で、主人公は漢民族の特徴である辮髪(べんぱつ)を垂らしています。

 「中国の~」を前に出す処理は、少なくても1963年には存在したことがわかります。

官吏(かんり)系(推定 1957年=昭和32年〜)

 

     マンダリン

奇妙なシナ官吏

 柴田南雄 1957 モルー(柴田訳)『バルトーク』, ダヴィッド社

 

奇妙なシナ官吏

 北沢方邦・八村美世子 1969 シトロン(北沢・八村訳)『<永遠の作曲家> バルトーク』, 白水社

 

不思議な支那官吏

・田辺尚雄 1957 『西洋音楽史』東京電機大学出版局, p.241

 

ふしぎな支那官吏

・古田徳郎・竹内昭一 1959 『バレーと音楽』音楽之友社, p.135-137

 

不思議な官吏 

 谷本一之 1974  サボルチ(谷本訳)『ハンガリー音楽小史』音楽之友社, p.122

 

不思議な中国官吏

 小倉滋夫 1974 レイナ(小倉訳)『バレエの歴史』音楽之友社, p.276

 

     マンダリン

奇怪なシナ官吏

 柴田南雄 1978 『名演奏のディスコロジー』, 音楽之友社, pp.31-40

 

不思議なシナ官吏

・山崎 孝 1981  『バルトーク ミクロコスモスの演奏と指導法』ムジカノーヴァ/音楽之友社, p.11

 

不思議な中国の官吏

 五島雄一郎 1985 『音楽夜話』講談社(五島1995『死因を辿る ―大作曲家たちの精神病理のカルテ』, 講談社+α文庫, p. 299)

役人系(推定 1964年=昭和39年〜)

 

中国の不思議な役人

 角倉一朗 1964 「舞踊組曲 "中国の不思議な役人"」, ショルティ指揮、ロンドン交響楽団の演奏のLPの解説、キングレコード

 坪田勧一(編)1968 『現代教養百科事典 11音楽』p.352

 野呂信次郎 1969 『名曲物語』, 社会思想社(現代教養文庫), p.323 

 水野修孝 1971 『標準音楽辞典』(第9刷), 音楽之友社, pp.927-930

 小川昂(編)1975 『洋楽索引』, 民主音楽協会, p.44

 

中国のふしぎな役人

 徳永康元 1974 「バルトークをめぐって」『バルトーク大全集(第1巻)』キングレコードの解説(徳永1982『ブダペストの古本屋』恒文社, p.121所収) 

 出川沙美雄 1981 ボーニシュ(出川訳)『写真と資料でみる―バルトークの生涯』 , 国際文化出版社, p.10

 小澤俊朗編 1994 『バンドメイツのための吹奏楽小事典』, 東亜音楽社, p.107

 

ふしぎな中国の役人

 徳永康元 1975 「ハンガリー随想」『フィルムセンターNo.26』(徳永1982『ブダペストの古本屋』恒文社, p.34所収)

 

支那の不思議な役人

 塚本邦雄 1976  「支那とスフィンクス」『劇場』No.16, パルコ出版, p.18(塚本1978『断言微笑』読売新聞社, p.58~ 所収)

 

中国の不思議な役人(マンダリン)(初出時のみ。以後のページはカッコの記載なし)

 石田一志 1983 マッケイブ(石田訳/千蔵八郎監修)『バルトーク/管弦楽曲(BBCミュージックガイドシリーズ24)』, 日音楽譜出版社

 

不思議な中国の役人

 小倉重夫 1997 小倉編『バレエ音楽百科』 音楽之友社, p.308-309

 戸口幸策・津上英輔・寺西基之 2001 『グラウド/パリスカ新西洋音楽史(下)』音楽之友社 p.952(下180) 

 

奇妙な支那の役人…ブルーノ・マデルナのLPにあるそうですが、現物を未確認。

ニュース

2018年7月23日、ご無沙汰しておりました。今年は特に多忙になり、目に見える活動ができずにいます。6月10日にちくま学芸文庫『バルトーク音楽論選』(伊藤信宏・太田峰夫訳)が出版されました。ハーヴァード大学での講義の日本語訳が初めて収録されました。

 

2017年6月16日、事後になり申し訳ありません。本日、NHK Eテレの『らららクラシック』バルトークの管弦楽のための協奏曲が放映されました。陰で少しお手伝いしました。ニュガトに「中国の不思議な役人」原作が掲載されて100年になりました。

 

11月5日、品切れになっていたLPレコードの303, 313, 905が再入荷しました。

 

9月30日、帰国しています。ペーテルは車椅子等の補助が必要ですが、数m程度なら自分で歩くことができ、安心しました。いずれ当ウェブサイトで報告したいと思いますが、現在は多忙で時間がかかりそうです。

 

9月21〜29日、ペーテル・バルトーク氏のお見舞い他のために渡米します。

 

8月27日、LPレコードの303, 313, 905が在庫切れ・再注文中です。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

 

7月28日、次の日曜日はペーテル92歳のお誕生日です。昨年に引き続き、一緒に誕生日を祝うことはできませんが、9月にお見舞いに行けそうな状況です。昨年の転倒により車椅子生活ながら、お元気と聞いています。

 

7月9日、下記でご連絡したCDが再入荷しました。

 

4月27日、3種類のCDが在庫切れで入荷待ちになっています。予約注文は承りますが、別便で遅れて発送になる場合があります。ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。1009(ベートーヴェンの弦楽四重奏曲)、1908(ティボル・シェルリ)、1914(ハンガリー民謡集)。

 

2016年2月10日、昨年末で欧州におけるバルトークの著作権が切れ、新たな出版等もあるようです。そのなかで粗悪品の売りつけや不誠実な対応(結果的に詐欺まがいな行為)を耳にしており、事前に確認して納得して利用されるようお勧めします。具体的にはここ

 

7月21日、ペーテルの後継者で編集者のピーター・ヘニングス氏の手術が終了終了しました(これで2度め)。バルトーク・レコーズの中心人物の怪我と病気でさらに前途多難です。お二人のお見舞い用に千羽鶴を家族で折り始めていますが、どなたか可能な方、手を貸してください。ご希望の枚数の折紙を当方からお送りし、鶴を折って返送していただく形です。メッセージカードを加えるなどの工夫も歓迎いたします。

 

6月12日、ペーテル91歳のお誕生日祝いとお見舞いは、主に資金不足からほぼ断念。ただ、航空運賃が安い9月にお見舞いに行く可能性を残しています。カンパは最初の1件だけです。CD《物語》の訳を《おはなし》に変更しました。新たに「お客様の声」を作りました。ショップ→お客様の声

 

4月18日、ペーテルのリハビリの効果が芳しくなく、車椅子が必要となりました。そのため自宅やバルトーク・レコーズでスロープ設置工事が始まります。

 

4月10日、今月からメール便が廃止されています。代替手段を検討中で、クリックポストにも対応するつもりです。古い表記は順次切り替えていきます。

 

3月18日、まもなく2ヶ月になりますが、ペーテルは当初の予定を越え、現在も病院でリハビリを続けています。快復を祈るばかりです。

 

1月28日、クリスタルリヴァー市のセブン・リヴァーズ・コミュニティ病院に入院中のペーテルは食欲があり、ベッドから起きることもできています。バルトーク・レコーズの職員が自家製のスープを毎日届けています。歩行訓練も含め、あと2週間ほど入院が必要とのことです。

 

1月23日、下記のように書いたところ、さっそく第1号のカンパを頂戴いたしました。もう感謝でいっぱいです(涙)まとまった数になったらご報告することを考えています。

 

2015年1月20日、ペーテル・バルトーク氏が自宅で転倒し、腰の骨を折り入院しました。20日(現地時間)に手術が行われます。高齢のため、手術もリハビリも困難な道のりが予想されます。
 お見舞いの渡米も現実味を帯びてきました。当ショップの昨年1年間の総売上は10万円ほどで、余裕はありません。商品の積極的なご購入、あるいはカンパ(ご寄付)の形でご協力いただけたら幸いです。カンパの送金先は「ホーム」に紹介する専用口座で、あわせてメールで名乗っていただけますようお願い申し上げます。

 

(ニュースのバックナンバーはこちら

当ホームページに掲載している画像・文章の無断転載、複写等を禁じます。必要な場合はご一報ください。
Copyright © 2013 Yasuhiro Murakami, All rights reserved.